簡単レシピ

【きれいな断面にしたい!マーブルシフォンケーキを作るコツ】失敗しないシフォンケーキの作り方

メイちゃん
メイちゃん
切ったらびっくりするようなケーキをプレゼントしたいな~

もん吉
もん吉
それならかわいい断面ができるマーブルシフォンケーキはどうかな?

こんにちは!あおぺこです。

今回は、「プレゼントしたくなるマーブルシフォンケーキ」を自宅で作るレシピを伝授します!!

見た目がきれいだったり、中身がびっくりするようなケーキを作ると誰かにプレゼントしたくなりますよね。。

渡した相手がどんな顔をするのか、喜んでくれるかな?って思いながら作るとわくわくしますよね!

手作りだからアレンジできたり自分のこだわりをだせるもの。

今回ご紹介するレシピはマーブルシフォンケーキです。毎回、同じマーブルを作ることはできませんが

ポイントさえおさえれば誰でもきれいなマーブルを作ることはできます!!

マーブルシフォンケーキを作って誰かにプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

この記事ではこんな人にオススメ

  • ケーキをプレゼントしたい人
  • 驚きのあるケーキを作りたい人
  • マーブルにするコツを知りたい人

他の味も気になる人はこちらをご覧ください!!

合わせて読みたい

【失敗しない!初心者向け簡単シフォンの作り方】ふわふわシフォンを作るコツ徹底解説~紅茶のシフォンケーキ~ こんにちは!あおぺこです。 今回は、「初心者でも簡単にふわふわシフォンケーキをつくる方法」を伝授します!! シフォンケーキは...

型選びのポイント

どんな型がいいの?

シフォンケーキの型には、「アルミ製」「紙製」など様々なタイプがあります。

どういった場面に合わせて型選びをしたら良いのでしょうか。

  • 家で食べる
  • お家パーティーなどでおもてなす

「アルミ製の型」を使用すべし!!

  • プレゼントする

「紙製の型」を使用すべし!!

次に、それぞれの特徴やメリット、デメリットについて見ていきましょう!

アルミ製の型

特徴:熱伝導性が高いので短時間で生地が立ち上がります。
→短時間で焼成を行えるため、水分が飛ばずしっとりとした仕上がりになります。
*焼きすぎると表面が固く、中心部分と食感の差が生じます。

メリット:シフォン本来のふわふわ感をより引き出します。

デメリット:型から外すことが難しい、または手間に感じることがあります。

Amazonで購入楽天市場で購入

紙製の型

特徴:紙型は使い捨てがほとんどなので、型を洗う手間が省けます。
   また、型のままプレゼントできたり型から外すときも簡単です。
   *紙製の場合、焼成時間はアルミ製の焼成時間+5分が目安です。

メリット:焼成後の処理が簡単です。

デメリット:オーブンによっては火通りが悪く、立ち上がりに影響がでる可能性があります。

Amazonで購入楽天市場で購入

シフォンケーキを極めたい!!頻繁にシフォンケーキ作るなら。。
『アルミ製の型』をおすすめします。

プレゼントしたい!!器具を増やしたくない。。簡単に作りたい。。
『紙製の型』をおすすめします。

いちご味にする方法 何を使うの?

いちごパウダー?いちごソース?

いちご味やチョコ味にしたいとき、どうやって味をつけたらよいのでしょうか。

目的に合わせて場合分けをしましょう!

シフォン全体の味をいちご味にしたい場合

  • いちごジャム
  • いちごのペーストなど

→薄力粉を混ぜる前に味をつけてしまうのであれば特にパウダー以外でも問題ありません。
*もちろんパウダーでも構いません。

マーブルの一部としていちご味にしたい場合

  • パウダー

→薄力粉を混ぜた後に色を出す目的で入れるので、パウダーをおすすめします。

どうして薄力粉を混ぜたあとにペーストはNGなの?

比重が変わってしまうからなのです。

お菓子生地の比重とは、『容量100mlのカップにすり切って入れた生地の重さ』のことです。

つまり、泡立てた生地の後にペーストなどを加えると、比重が重くなり生地が立ち上がりにくくなってしまうためしぼむ原因になります。

材料

材料(シフォン型 17cm)

材料(シフォン型 17cm)

全体生地

  • 卵黄:卵4個分
  • グラニュー糖:30g
  • 水:50g(ぬるま湯)30℃程度
  • サラダ油(米油):30g
  • いちごパウダー:10g
  • ドライクランベリー:10g

メレンゲ

  • 卵白:卵4個分
  • グラニュー糖:40g
  • 塩:3g
  • 薄力粉:70g

作り方

工程とポイント

①材料を準備する

  • 卵を割るときに卵黄と卵白は分けてボウルに入れましょう!!
  • 卵黄は大きめのボウルにいれましょう!
    →卵黄を入れたボウルの中で生地を混ぜるためです。
  • 卵白は底の深いボウルにいれましょう!
    →メレンゲを作るので、底が浅いボウルだとメレンゲが周りに飛び散ってしまいます。

②メレンゲを作る

卵白4個、グラニュー糖、塩3gでメレンゲを作ります。

ボウルに入った卵白4個をホイッパーでよくほぐしてください。

グラニュー糖40gの中からひとつまみと塩を入れてホイッパーでよく混ぜます。

ハンドミキサーに変えて、やや角がたつまで泡立ててください。

写真のようにハンドミキサーの羽にメレンゲがつく状態になれば大丈夫です。

このとき角がたつとは、写真のように少しとろっとした状態がベストです。

少し角がたったら、残りのグラニュー糖を3回にわけていれます。

グラニュー糖を入れる毎にハンドミキサーで混ぜてください。

写真のようにしっかり角がたち、「艶」が出ればきれいなメレンゲの完成です。

③卵黄とグラニュー糖を混ぜる

卵黄4個をよくほぐします。

そこにグラニュー糖を一度に加えます。

ハンドミキサー(低速)で写真のように全体が白っぽくなるまで泡立てます。

④水、サラダ油を入れる

生地が白っぽくなったら、水(ぬるま湯)を2回に分けて入れます。

水を加える毎にしっかりホイッパーでよく混ぜてください。

冷水は使用しないで!!

→30℃~40℃程度(人肌の温度)にしてください。

理由

水が冷たいと油や卵が冷えてしまい、乳化しにくくなります。
乳化がうまくできていないと、ふんわりとした生地になりにくく、焼き縮みしてしまう可能性があります。

お湯を使用することで、卵が乳化しやすい温度(30℃~35℃)になり、油や水と乳化することで「しっとり、ふわふわとした生地」に焼き上がります。

乳化ができていないとパサついた仕上がりになってしまいます。

しかし、お湯は熱ければよいというわけではありません!!

熱湯ですと、卵黄が煮えてしまうので少なくとも50℃以下にしてください。
*卵黄は65℃で凝固しはじめます。

次にサラダ油も2回に分けて加えます。

加える毎にしっかり混ぜてください。

⑤メレンゲを加える

②で作ったメレンゲ1/2を④の生地に入れます。

メレンゲは一度全体を軽くホイッパーで混ぜてから入れてください。
→メレンゲの表面が乾いている場合があるのでメレンゲ生地を均一にしましょう!

ホイッパーでよく混ぜます。

⑥薄力粉を加える

ふるいでふるった薄力粉を一度に加えます。

ホイッパーでよく混ぜます。

⑦残りのメレンゲを加える

残りのメレンゲを加え、全体を優しく混ぜます。

このあと、いちごパウダーとも混ぜるので軽くで大丈夫です。

混ぜすぎ注意!!

混ぜすぎるとメレンゲの気泡を潰してしまい、立ち上がりが悪くなるので注意してください。

⑧いちごパウダーを加える

⑦でできた生地の1/5程度を別のボウルに入れます。

いちごパウダーを加えてよく混ぜます。

ここでは、きれいなマーブルにするためにいちごの生地を均一にしたいのでしっかり混ぜて大丈夫です。

⑨いちごの生地を全体の生地に入れる

いちごの生地を3カ所くらいに分けて全体の生地に落とし入れてください。

⑩ドライクランベリーを入れる

今回は食感の違いや風味付与のために細かく刻んだドライクランベリーを加えました。

無くても大丈夫です。

入れすぎ注意!!

ドライフルーツを生地に入れても構いませんが、入れすぎには注意しましょう。

今回の生地量に対し10g程度にしてください。

たくさん入れてしまうと、ドライフルーツが重みにより生地が立ち上がらなくなってしまいます。

⑪型に生地を入れる

⑨でクランベリーを入れたあと、生地は絶対に混ぜないでください。

きれいなマーブルを作るコツ!!

きれいなマーブルにするには、できるだけ2種類の生地を混ぜないで型に入れることが重要です。

そのため、2種類の生地を入れたら混ぜずに大きいスプーンなどですくい、型に入れてください。

様々な部分からすくい入れるだけで焼成後、きれいなマーブルになります。

型に入れていくときに自然と2種類の生地が混ざってしまうので混ぜる工程は無くて大丈夫です。

型いっぱいまで生地を入れると、焼成後上部が盛り上がりおいしそうに見えます。

⑫焼成する(170℃×25分~)

オーブンの予熱ができ次第、170℃×25分~焼成します。

焼成完了の目安

表面を手で触り、「弾力」があれば焼成完了です。

弾力がなかったら、3分ほど焼成時間を追加してください。

紙型で作る場合、焼成時間はアルミ型の焼成時間+5分が目安です。
→今回の場合は170℃×30分にしてください。
*熱伝導性の違いです。

焼成が終わったら型を逆さにして粗熱をとります。

逆さにする理由

全体のキメを整えるためです!!
→シフォンは気泡力で立ち上がるため、焼き上がりは上部にたくさんの空気が集まっています。そのため、型を逆さにすることで全体のキメを整え均一にします。

⑬型から外す

粗熱がとれたら、型の周りを「シフォンナイフ」を使って型から外します。

焼き上がり2~3時間おけば型から外せます。

シフォンナイフを使用するメリット

せっかくきれいにシフォンケーキができても、型から外すときに失敗してしまうと悲しいですよね。

そこで、型からきれいに外したい人におすすめするのは「シフォンナイフ」です。

シフォンナイフとは?

シフォンナイフは刃が薄いため型とケーキの隙間にスムーズに入ります。

適度にしなる素材を使用しており、ケーキの形を崩すこともありません。

耐熱温度が180度までの優れた素材が使用されているため普段使いにも使用できます。

おすすめの「シフォンナイフ」はこれ!!

商品名:シフォンナイフ【浅井商店オリジナル】 シフォンケーキ パレットナイフ

Amazonで購入楽天市場で購入

型から外す方法

  1. 型の側面に刃を細かく入れてそぎ落とします
  2. 型の中心部分も同じように刃を細かく入れます
  3. 型を逆さにし底面も刃を入れます
  4. ゆっくり中心部分の型を外します

シフォンケーキ 日持ちについて

保存方法

シフォンケーキは基本、直射日光の当たらない場所に置けば常温で大丈夫です。

しかし、夏場の暑い時期や冷たくして食べたい場合は冷蔵保存してください。

常温、冷蔵で約1週間程度もちます。

すぐに食べない場合は、冷凍保存しても大丈夫です。

シフォンケーキを3等分などにカットしてラップで包み、ジップロックに入れると臭いもつかずよいでしょう。

切らずに冷凍しても構いませんが、冷凍庫がいっぱいになるので食べやすい大きさにカットすることをおすすめします。

冷凍保存だと、約1ヵ月程度もちます。

解凍方法は、レンジアップするだけで「ふわふわ」な状態に戻るので作り置きも可能です!!

まとめ

マーブルシフォンケーキはポイントさえおさえれば、誰でもきれいなマーブルを作ることができます。

一度作り方を覚えてしまえば、応用が効くので味のバリエーションも増えます。

いちごだけでなくチョコや抹茶でもぜひ試してみてください。

また、優しい味わいでふわふわとした食感であるため小さいお子さんから幅広い層に人気があり「プレゼント」しても喜ばれます。

日持ちするのもプレゼントしやすいポイントです。

型や材料さえあれば短時間で作れるのでぜひ試してみてください。

シフォンケーキおすすめ器具

シフォン型 アルミ製を購入したい方

【Amazonで購入】【楽天市場で購入】【cottaで購入】

シフォン型 紙製を購入したい方

【Amazonで購入】【楽天市場で購入】【cottaで購入】

シフォンナイフを購入したい方

【Amazonで購入】【楽天市場で購入】

マーブルシフォンケーキの魅力

  • 断面がきれい、かわいい
  • 味のバリエーション、組み合わせが豊富である
  • 幅広い層に好まれるためプレゼントに向いている

少しでも「作ってみたい!!」「役に立った!!」と思ってくれた方は下の画像↓↓をクリックして応援してくれたらうれしいです。

他の種類のシフォンケーキを作りたい人はこちらを参考にしてみてください!!

合わせて読みたい

【失敗しない!初心者向け簡単シフォンの作り方】ふわふわシフォンを作るコツ徹底解説~紅茶のシフォンケーキ~ こんにちは!あおぺこです。 今回は、「初心者でも簡単にふわふわシフォンケーキをつくる方法」を伝授します!! シフォンケーキは...